2013年10月26日土曜日

食べ歩記_吉祥寺地獄変

 
吉祥寺で孤独のグルメごっこ(アームロックはしません)
 
 

 
 
新潟タレカツ『二段盛りかつ丼』
 
ご当地メニューもいろいろありますが、
新潟と言えば揚げたてのカツを甘いタレにくぐらせた「タレカツ丼」。
 
落ち着いた雰囲気の店内に入るとラードの香りが芳ばしく漂ってます。
 
揚げ油にラードを使っているので口当たりが良いです。
ラードは植物油にくらべて成分がひとの体に近いのでくどく感じない。
脂そのものの甘みとタレの甘みがうまく調和してました。
 
お肉は伝統的なカツレツっぽく薄めなので、
ご飯と一緒にかき込むのにちょうど良い。
 
肉自体に脂身部分は感じなかったので、
ロースから削ぎ落としてるのか肩ロースを使っているか、
どっちかだと思うんですが何にせよヘルシーなので女性にもオススメ。
 

じぇじぇじぇ!?
 
食べ進めると
嬉しい不意打ち!
なんとご飯の中からまたカツが!
(自分で注文しているのでわかってはいたことですが) 
 
トンカツの倍返しだ!
 
二段盛りはボリューム感万点
食いしん坊にもオススメ。
 
 
 

ヒラタパスタ『揚げ茄子とベーコンのトマトソースリングイネ』
同じく吉祥寺における生パスタの有名店「スパ吉」の姉妹店らしいです。
店舗が地下なうえ カウンター席があるのでお一人様でも入りやすい。
 
麺はスパ吉のそれよりやや柔らかめでしたので(作った人の加減の問題かもしれませんが)、
もちもちした日本人好みの食べやすい硬さといったところでしょうか。
 
アルデンテが好きな人は「麺カタめ」とか「バリカタ」「ハリガネ」とか言ったら
なんとかしてもらえるんじゃないですかね?知らないけど。
 
麺の長さはなんとなく短めというかフォークに巻きやすい気がしました。
 
 
ソースもスパ吉が濃いめでこってりだったのに対し、
ややあっさりしてましたね。
 
全体的に食べやすさを意識してスパ吉との差別化を図ったということでしょうか。
 
客側も好みや気分に合わせて使い分けることができますね。
 
これが「お・も・て・な・し」ってやつですかね?
 
 

タコライス専門店クイナ『アボカドチーズ』
メキシコのタコスをアレンジした沖縄料理のタコライス。
当然タコは入ってません。
ウグイスパンにウグイスが入ってないのと同じことです。
 
特に「野菜マシマシ」とかは言ってないのですがこのハンパない食物繊維感。
草食系男子感涙ものですよ。
 
チリソースは後がけです。
 
アボカドとチーズのトッピングを選んだので食べ応えも十分でした。
 
 
 
野菜が不足がちになりやすい人は食べたほうが良いですね 
 
 
いつ食べるか?
 
 
今でしょ!
 
 
沖縄の食べ物なので店舗の2階ではソーキそばも注文できるそうです。
 
なんくるないさーですね。
 
 
 
 
吉祥寺の駅ビルが謎の迷宮と化してますが、
いつになったら完成するんですかね。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿